素人の女の子、お姉さん、人妻、ギャル、OLさんなどのエロ動画が完全無料で見放題!シコるorノットシコる?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みれい1


ラグジュTV本日お越しくださったのは初出演となります須藤ももかさんです。普段はアナウンサーとして働いているそうで、可愛らしいお声が印象的な女性です。今回応募してくださったきっかけは好きなAV女優さんに憧れて出演を決められたそうです。初体験は16歳の時と、ちょっとお早め。当時お付き合いされていた彼氏さんと…だったそうです。初体験は痛くてあまり覚えてないそうですが、いまではセックスを気持ちいいと感じられるようになったとのことです。ももかさんはクリや胸を責められるのが好きだそうなので、そこを重点的に責めていきたいと思います。ブラジャーを脱がせ、乳首に吸い付くとうっとりした表情を浮かべ、だんだんと緊張が解けてきたご様子…。目の前にち○こを差し出されると美味しそうに頬張り一生懸命奉仕。愛撫されてトロトロになったおま○こに挿入すると、快感に堪えるように可愛い声で喘ぎます。AV女優に憧れる現役アナウンサーのセックス、是非本編でお確かめ下さい。
ゆり1


ラグジュTV「こないだのよかったですよ」って言われると、どう反応したらいいかわからなくなる。嬉しくないわけじゃないけれど、やっぱり恥ずかしい。何回か撮影に参加させてもらって、スタッフさんにも見覚えのある人が増えてきた。恥ずかしいって思うのに、どうして何度もここに来てしまうんだろう。そう思う時もあるけれど…本当は、自分の気持ちにはとっくに気付いている。ここでしかできない体験、ここでしか味わえない快感。もう、それに抗うことなんて出来ない。「今日はちょっと攻めてみてほしいんです。」なんて、きっと最初の時の私だったら何も出来ずに終わっていた。やってみますって今日素直に言えたのは、今までの経験があったから。ゆっくりと始まったキス。丁寧に、でも積極的に。緊張したけれど、あっという間に夢中になった。夢中で舐めて、大きくなるのが嬉しくて、私にも触れてほしくて。私のも舐めてっておねだりしたら、すごい濡れてるよって言われて。…舐めてる間に濡れてたの、自覚していたので恥ずかしかったです。どこまで責められたかっていうと…正直よくわかりません。結局、沢山リードしていただいた気もします。でも…今までで一番積極的になった夜でした。
りん1


ラグジュTVいつまでも若く見られていたい。そう思いまして応募しました。女性としてこんな事を考えるのは普通ですよね?普段の私はフリーアナウンサーをしています。ちょうど、一年前に地方アナウンサーからフリーに転身しました。自分自身の幅を広げる為に。フリーになっていろんな事をやっていくのにまずは、今の自分を思い出として残していきたいと思います。最近のAVってキレイに撮っていると思いまして…やってみました。経験人数が付き合った人と同じで5人です。年齢的に…少ないのですか?約1年ぶりに胸を鷲づかみにされてとてもビックリしました。鷲づかみにされながら、いつの間にか服を脱がされました。耳元で身体がキレイって言ってくれて恥ずかしかったです。キスと乳首のを舌で攻められて、お◯んこをもの凄い勢いで掻き回して久しぶりに漏らしてしまいました。お返しにおち◯ちんを丹念に責め返しました。久しぶりの味に奥まで咥えてしまった…。大きなおち◯ちんに自分からおねだりしちゃいました。バック中心にあんなに責められて、腰がガクガクして足も力が入らなかった。中をあんなにいっぱいにしてくれたのは久しぶりでとても気持ちよかったです。
ゆり1

ラグジュTVどこかミステリアスでそして妖艶な雰囲気を纏った美女、竹原ゆりさん。今回2回目の登場です。こんなに美人なのに彼氏がいないとは…勿体無いですね。彼氏がいないので最近はオナニーで慰めているとのこと…。少し照れ笑いを浮かべながら話してくれるゆりさんにドキッとしてしまいますね。緊張しているには違いませんが、前回よりもどこか笑顔が多い気がします。さて、そんなゆりさんですが、透き通るような白い肌にスレンダーなスタイルと整った美乳の持ち主です。少しM気があるようで、男のネットリとした言葉や誘導、指や舌使いに、頬を赤らめながら全身で感じてしまいます。ゆりさんもスイッチが入ったのか、喉の奥深くまで男根を飲みこみ、男が喜ぶ表情を見て笑みを浮かべます。その目つきはまるで理性を失った雌豹の様…。十分すぎるほど感度が高まった後、ようやく男根を受け入れるゆりさんですが…何度も何度も声を荒げながら絶頂を迎えるのは言うまでもありません。清楚なイメージとはかけ離れた、美しくも卑猥なゆりさんのセックスを、是非ご堪能下さい。
ゆり1


ラグジュTV目鼻立ちの整った美女、竹原ゆりさん。透明感のある肌に、潤った大きな瞳がお美しい。話し言葉は気品に溢れ、知的な女性という雰囲気である。職業はアナウンサーをしているという。厳格な家庭で育った彼女。そのせいもあり、同世代と比べて明らかに男性経験が少ないという。美しすぎるがゆえに高嶺の花と捉えられて声もかけられないのであろう。自分の経験不足に危機感を感じ、AVに出演することを決意したという。ドMなゆりさんを言葉で責める。恥ずかしい言葉を言わせたり、大袈裟に開脚させたりしているうちに、彼女の表情はとろけ、イヤらしい声が漏れ始める。パンツにはビッシリとイヤらしい汁がつき、独特の香りを放つ。マ●コはヒクヒクと動き、刺激を求めているようだった。電マでマ●コを弄ばれ腰をクネラせて絶叫。ヨダレを垂らしながらチ●コを求めるので、勃起したソレを挿入。焦らすに焦らされた彼女のカラダは興奮状態になっており、何度も何度も絶頂をむかえる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。