素人の女の子、お姉さん、人妻、ギャル、OLさんなどのエロ動画が完全無料で見放題!シコるorノットシコる?

まい1


【ラグジュTV】美しい肌に、細く引き締まった身体つきの女性、中村真衣さん30歳。社交ダンスの選手をやりながら、学生達を相手にダンスを教えているという。両親の影響で始めた社交ダンス。実は数々の大会で成績を残すほどの実力者だそうです。好きな男性のタイプは、マッチョで男らしく、ザックリというと髭を生やした男性だという。初体験は高校1年だが、初オナニーは25歳だという彼女。オナニーはだいぶ遅咲き。二十歳過ぎたくらいまでは、セックスをしない日が続いても欲求不満になることはなかったというが、20代を折り返す頃から性欲が増し、男性のカラダを得られない時には自慰行為で欲求を満たすようになったという…。応募理由は、オナニーをするようになり、アダルトビデオを見るようになったという彼女。すると、アダルトビデオの世界に興味を持つようになり、どんな場所でどういう風に撮影が行われるか知りたくなったという…。まさに好奇心からの応募である。また、男優のテクニックにも興味があり、アダルトビデオに出演している女性は驚くほど感じており、本当にそんなに気持ち良いのか、演技ではないだろうか、という自分自身が抱く疑いを自分のカラダで確かめに来たという。挑戦的な動機に男優の気合が入る…。カラダを抱き寄せ、耳を舐めた途端、表情が変わり、刺激をもとめ乱れ狂うのであった…。
きょうこ1


【ラグジュTV】田園調布に実家を構え、全て女子校で育ったという生粋のお嬢様っぷり。母親は元々日本舞踊をやっていて、父親は政治関係の仕事だとか…娘がこんなところへ出てしまっていいのでしょうか。黒髪が美しい品の溢れる恭子お嬢様。しかしその本性は週5で欠かさずオナニーをするという超むっつりドスケベお嬢様だったのです。四つん這いにさせストッキング越しにお尻を確認するとなんともまぁ見事なむっちりまん丸尻。Tバックが尻肉の奥に食い込んで、肉をむにっとかき分けないとパンティーが確認できないほどのむっちり尻。これは完全にむっつりの人の尻です。むっつり女性は尻を見ればわかりますね。乳首とクリが弱いというので両方しっかり責めてみました。ローターを当てると腰をぐいぐい動かしながら「んんっ気持ちいいです」と言いつつイってしまいました。敬語なところがまたいいですね。大人しい感じがしますが、しっかり「それも気持ちいいです」とか「強い方が好きです」と意思表示をしてくれます。強めに乳首を吸い、今度は電マでしつこく責めると両腕を掴みながらビクンビクンと腰を弾けさせ、うっすら汗もかきながら本気で激しくイってしまったようです。中の方を確かめるとすぐにビチャビチャと音をたてながら潮吹き。敏感なお嬢様。今度はカチコチになったち◯こを舐めてもらうとゆっくりじっとり、よだれたっぷりでエロい顔しながら舐めてくれます。しっかりタマもでろでろと舐め、吸い付きこちらをうっとりとした顔で見上げます。どんどんと顔つきがエロくなってきました。挿入ともなればEカップの美乳をたゆたゆ揺らしながら感じています。薄い毛のアソコは結合部分がよく見えて非常にエロいです。どんどん激しくなるセックスに頬を赤らめ恥ずかしさを忘れた乱れっぷりがお見事なお嬢様の絶頂セックス。見応えたっぷりです。

ゆい1



ラグジュTV普段は社交ダンスの講師をしているという由衣さん。さすがスレンダーでスタイルも抜群。姿勢も美しいです。かなり密着して生徒に教えるため勘違いしてよく好きになられるんだとか。自身で教室の経営も兼ねているので絶対に生徒には手が出せないので丁寧にお断りするんだそうです。それでも腰のあたりに置かれた手が徐々に下がりお尻のあたりまで触ってくる人や必要以上に密着してくる人もいて困っているという。何に困っているかというと、そういう風にされると少なからずムラムラとしてしまうことにだそうだ。悶々とした気持ちをどう処理したらいいかわからず、AVに応募してしまったという。久しくセックスもしていなかったのでかなり緊張と罪悪感が残ったままの出演となったが、もう後には戻れない。性感帯チェックでは耳と胸がかなり弱そう。キスしている時の由衣さんの姿は実にエレガントである。おっぱいは小ぶりながらも形はよく綺麗な乳首である。その乳首をたっぷり舐めると「あぁ」と吐息混じりに感じ、目をつむり気持ちよさそうにしたので一安心。「ちょっと敏感かもしれないです」とうつむき加減に言う姿が非常に可愛らしく、おしとやかな彼女を思いっきりハメたくなります。すでに少し濡れ気味のアソコを確認し、クリを丁寧に撫で回し、舐めまくるとおっとりと喘ぎ、じっとアソコをみながらエロい画を確認しています。小ぶりのお尻はまん丸で引き締まり、ぷりんっと両手に収まるサイズが妙に興奮を覚えバックからガンガン突いてしまいます。普段のムラムラを今日この日のために爆発させてくれた由衣さん。最後は胸でたっぷりの精子を受け止めてくれました。